アルバムを閉じる 

全全国から集まった木下式を学ぶ子ども達による音楽の祭典
木下式音感教育法 第39回東京合同音楽祭に出演
2017年2月19日(日)大宮ソニックシティ大ホール


オープニング 音感教育のための歌唱曲「ドレミはみんなの仲良しさん」を歌う子どもたち(指揮 小学6年)
指揮 (小学6年) 全国から集まる幼児、児童の代表児が行なう
開会宣言(小学5年)
司会 渡辺恭子、佐藤亞池香

ひろせ幼稚園の斉唱「さよなら友よ」・「さあ握手しよう」の二曲を披露し、たくさんの拍手をいただきました。 指揮/大友教諭


午前の部、最後を飾る大合唱「ママのそばで」・「ともだちの歌」 指揮/安藤佑晟 (中学1年)
全国から集まった子ども達の歌声に拍手する
1600人近い観客の皆さん
運営委員長として挨拶をする廣野義明園長 独唱する当園児
 

「カスタネットによるリズム奏」模範技に合わせてカスタネットを叩く園児たち

木下式の真髄「音感能力」。弾き与えられた単音や和音を瞬時に判断し五線紙に回答する子ども達

  賛助出演して、「ヴァイオリン協奏曲「四季」より春」・「君を忘れない」を披露する天使のこえ合唱団(指揮は木下達也先生)
 

鑑賞教室 スッペ作曲:オペレッタ「農夫と詩人」序曲  アンサンブルSAGAWA

  賛助出演を含む11団体より推挙された子ども達によるフィナーレ ドレミは仲良し合唱団 「翼をください」・「明日へのうた」
(指揮は木下達也先生)

蛍の光が流れる中、終演を迎える壇上の子ども達
 
 
↑TOPへ
▶木下音感協会の合同音楽祭アルバムを見る
写真:スカイフォト株式会社